自分のやりたいこと?

こんにちは。

ひさしぶりの更新です。
年始から繁忙期で必死で働いています。あと少し。

 

iPadを買いました

 

昨年の秋に新しい物が発売されて、
使ってみたい!なんかいろいろできそう!という勢いで買ってみました。

 

現在購入して1か月ぐらいですが、
もっといろいろできそうだけど何ができるのかよくわからない…
というところではあるのですが、
少し生活が変わったことがあります。

 

読書量が増えました。

 

ちょうど購入少し前に、
Amazonの、kindleunlimitedに登録したのです(確かお試しの3か月で199円)。

 

iPadを購入する前はスマホで読んでいたのですが、
私には読みづらかったようで、
せっかく登録したのにたくさんは読んでいませんでした。

 

iPadを買ってからは、息子を寝かしつけた後寝落ちしなければ、
とりあえずKindleアプリを立ち上げて、
何か読みたいものないかなーと探すようになりました。

 

今日は息子の眠りが浅いな…という時には、
隣にいないと起きそうなので、体を起こしてベッドの中で読んでいたりします。

 

やりたいことが見つからない場合、 自分が何をすれば他人が喜ぶだろう?という視点で考える

 

ある本に書いてあった言葉です。

 

やりたいことが分からない、本気になれることが見つからない、
そんな人は、自分中心に考えていて、思考の中に他人がいないそうです。

 

私は、特に趣味もないし、
学生時代から今まで何かにハマったこともそんなにないし、
好きなものがあるっていいなと他人をうらやましく思うことが多かったです。

 

昨年、私はどうやって残りの人生を生きていくんだろう…とよく考えていて、
長く続けられる好きなことに出会いたい、
できればそれで、本業ではなくても継続的に収入を得られることが理想、
と思うようになりました。

 

でも趣味も特技もなく、めちゃくちゃテンションが上がるような好きなこともないし、
どうしようかなー、とにかく何でも手を出してみるしかないのかなーと
ぼんやり考えていました。

 

でもこの一文を読んで、
確かに私の考えの中には他人はいなくて、
自分がどうしたいんだろう、と考えがちだったなと振り返りました。

 

だからといって、私は人生をかけてこれをするんだ!と
ひらめいたわけではないのですが、
頭の片隅に置いておきたい考え方に出会えました。

 

 

その本はこちら。

 

 

そして、もう1冊紹介です。

 

 

なぜか、お金の話を漫画家さんがかみ砕いて教えてくださる本と思い込んで開いたのですが、
とんでもない。
ご自身のお金に関する子どもの頃からの壮絶(この言葉でよいのでしょうか)な
ご経験が書かれています。

 

日本にも世界にも、
生きていくために何としてでもお金を手に入れないといけない生き方をしている人がいて、

 

やりたいこと見つからないなー
なんて悩んでいる私はどれだけ幸せなのかと。

 

有名ですが私はあまり読んだことがない漫画家さんなので、
他にも読んでみようと思います。

 

 

 

電子書籍の話を買きましたが、
私は本屋がすごく好きなのでなくなってほしくないので、
引き続き本屋に行って紙の本を買っていきます!

 

息子がもう少し大きくなって本をシェアできるようになったら、
リビングや廊下に、家族の大きな本棚を設けて、
みんなが好きに取って読むようになったらいいなーと妄想しています。

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク