こども

勉強の先取りの失敗

 

こんにちは。
9月末ってこんなに暑かったですっけ?
朝は涼しいですが、日中は半袖で普通に暑いです。
雑誌を見てかわいいニットに目移りしていますがいつになったら着られるのでしょうか。

 

小1息子と夏休みにカタカナに取り組んでいました

 

引きこもりであまりに暇な夏休み、
宿題も問題集的なものはすぐ終わってしまい、毎月のZ会も、数冊購入したワークも終わってしまい、
暇だけどテレビばかり見ているのも・・・と気がかりでした。

 

そうだ!カタカナやろう!と思いつきました。

 

夏休みに入る時点でなんとなく書けるものの、間違う字もあって、
書き順は怪しいし、シとツは書き分けられない、という状況でした。

 

ちびむすドリルや、ポケモンの名前で自作して、息子にやらせてみました。

 

書けなくはないし、書き順も教えたら覚えるのですが、
「見本通りに整った字を書く」になかなか苦戦しました。

シとツや、ソとンも、教えた時は書き分けられているのに、
次の日にはまた崩れてしまっていました。

そんなこんなで、夏休みが終わりました。

 

2学期になり、授業でカタカナが始まりました

 

最初は1文字ずつ、途中からは単語を書くようになりました。
宿題と連動しているので日々見ているのですが、見違えるぐらいきれいに書けるようになりました。

全然違うんです。本当に。
コロナで2学期のスタートが遅れたので3週間しか経っていないのに。

 

学校ってすごいですね。
先生って、プロって、すごいですね。

夏休み中はお母さんに困った顔で丸つけをされていて、息子も自信を無くしていたかもしれませんが、
今では得意げです。

 

そういえば、ひらがなは1学期まるまる使っていましたが、
カタカナは1ヶ月足らずで漢字に進むんですね。あっという間でした。

良かれと思っても、子どもの意向に沿わない先取りをするのは本当に本当に気をつけよう、と思った出来事でした。

 

 

そろばんではどうなのか

 

入学前の春休みぐらいからそろばんに通っています。
厳しいと評判の先生なのですが息子には合っていたようで、日々意欲的に通っています。

九九を唱え始めて、「えっ九九?」と親が驚いていたのですが、
覚えるのも楽しかったようですぐに暗記していました。

そして割り算も始めたようです。

 

私が戸惑いました。

2年生の子がいる人に、九九は2年生の2学期と聞きました。
割り算は3年生ですよね?

先取りしすぎじゃない???

 

とはいえ、同じそろばん教室でもっと早くから習っている子は
息子よりもっと上の級で、とっくにかけ算も割り算も習っているはずです。

 

私がそろばん経験がないこともあり
難しくない?大変じゃない?とつい息子に聞いてしまいます。

当の息子は、今よりもっと大きな数の読み上げ算ができるようになりたい!とか、大変意欲的です。
きらっきら。まぶし。

 

 

本人をよく見ないといけない

 

学校の勉強をちょっと先取り、ぐらいが親的には落ち着きます。

Z会は1学期は学校とほぼ同時でしたが、2学期は息子の小学校の始業式が遅れたこともあるのか、ちょっとZ会の方が早そうです。

そのぐらいの、「ほんのちょっとだけ先取り」が、学校でつまづきづらいのでは、と勝手に思ってしまっていました。

 

でも違ったかもしれません。
得意なことはそれでもいいですが、そうでもないことは親が一生懸命つきっきりでやるより、
学校の先生から、お友達と一緒に学ぶのがいいのでしょうね。

 

「好きなこと、得意なことを伸ばす」と知育関係で散々耳にしてきましたが、今回すごく腑に落ちました。
得意じゃないことは、無理しない。

 

好きなことを取っ掛かりにして、興味の幅が広がるといいですね。
ポケモンだけじゃなくてね。