私のこと

人と比べてしまうこと

こんにちは。
一時期朝ごはんにオートミールを食べていたのですが、完全に飽きました。
おじやが好きなので、おじや風に食べればいいじゃん!とがんばっていましたが、白ごはんで作ったほうがやっぱりおいしいんです。
健康も美容も継続がいいのは分かっていますが厳しいですね。

 

簿記2級に合格しました

そこまで大それたものではないです。
受験資格がないので、大学生や高校生でも取れる資格です。
さらにこれを持っていたからといって何か特殊な仕事ができるわけではありません。持っていたら経理が分かっているとアピールできる材料になるぐらいでしょうか。

とはいえ、私は2回落ちていました。

1回目は大学生の就活前に。履歴書に何か書かなきゃと思い2級と3級を受けましたが、3級しか合格しませんでした。

2回目は、1年半ぐらい前になぜか財務会計の部署に配属されたので、勉強してちょうど1年前に受験しました。直前は寝かしつけも諦めて、息子に隔日で1人で寝てもらっていたのに落ちました。

 

今回、仕事を辞めて有休消化中の約2か月で勉強して、やっと合格しました。

 

会計の仕事をしていた時に最低限簿記2級は勉強しておこうか、という雰囲気だったので、なんだかほっとしています。

 

それなのに、自分の至らなさに落ち込む

仕事もせずにこつこつ勉強して、簿記2級ですよ。
連結会計やリース会計など、勉強範囲はどんどん広くはなっているものの、これがあったからといって何か仕事ができるわけではないのです。

不動産業界でも何でもないのに仕事をしながら宅建をとった友人もいるし、
歯医者さんでアルバイトをしながら歯科衛生士の学校に通い、合格した友人もいます。

ネットの世界では、ワーママでも働きながら○○士やらTOEIC○点やら、昇格試験、転職、もしくはブログやインスタなどの発信業ですごい人もいます。

 

なのに私は、誰でも取れるような検定だけでひーひー言っていました。

 

どうして比べてしまうのだろう

仕事を辞めたのも自分の意志だし、簿記2級を受けると決めたのも私です。
すごいなーと思うような資格にチャレンジしていないのも私の意志です。

そして自分が比べてしまう人は、私とは違う人です。
きっと比べるのもおこがましいような人もいるはずです。

なのに比べてしまい、自分はなんでこれだけしかできないのだろう…となるのです。

 

もやもやしていることを言語化する

どこかでいつか見た話を思い出しました。
落ち込んだり怒ったり、感情が負の方に傾いている時は、どういう状況かを自分で自分に説明すると感情が落ち着く、みたいな話だったと思います。

私は今こんな風に思ってしまっています。
「時間があるのに、大した成果を上げられていない」
「ワーママでもっとがんばっている人もいるのに、私は何もできていないダメな人だ」

それを自分で繰り返して、私は今、自分のことをこう思っているのね、と受け止めます。

 

それだけでも少し落ち着いた気がします。
誰かに話を聞いてもらって、聞いてくれてありがとー的な気分です。

まだ気分は晴れませんが、少し時間が経てばまた前向きな気持ちになれるはずです。

 

年齢を重ねて、ほうれい線や目の下のしわは気になるし、体調も崩しやすくなるし、フィジカル面では弱っています。

でも自分の気持ちが乱れた時のコントロール方法なんて、若い時には知らなかったことです。私は今こんなに悲しいのにコントロールなんてできない!!!と思っていました。
知恵がついて、自分のことも深く理解できるようになって、年齢を重ねるのっていいよね、と思った出来事でした。

 

落ち込んでいる間にひさしぶりにお菓子作りでもしよう。