年始から危機感

こんにちは。

今日は父の話からの自分の話です。

 

年末年始の出来事

 

年末年始、夫が仕事なので実家に帰っていました。

 

季節のイベントとかどうしてもめんどくさいという気持ちが強いのですが、
息子には体験をさせてあげたい気持ちもあります。

 

そんな中、実家に帰るとお雑煮はあるし、
おせちはもあるし(作ってる様子も見れるし)、
しめ飾りもあるし、
お正月のお花も生けてあるし、

なんて贅沢な!と思いながら過ごしてきました。

 

息子はお年玉の価値はまだ分かっていないようでしたが、
いつもより人が多くて賑やかな雰囲気を楽んでいるようでした。

 

 

 

ただ、実家に行くと疲れる気持ちもあります。

 

そして年々強くなっている気もします。

 

父なんです。

 

働いて娘たちを学校に行かせて、
今も娘たちのお世話にならないようにしている姿は立派です。

 

でも、どうしても昔ながらの男の人感を、
私が受け止められなくなっているんです。

 

食事の時に母に呼ばれて座るだけ。
座ったあとも細々したことを母にやらせている。
そして母がやらないと不機嫌になる。

 

今回私、この光景を見るのが苦痛でした。

 

今までも引っかかってはいたものの、
夫婦協力して家事育児を一緒にやっていこうという時代で、
違和感がますます強くなっています。

 

 

 

 

とはいえ、父も昔より変わっています。

 

私の子どもの時はもっっと何もしていなかったはずですが、
今は自分の飲むお茶を入れたり、
洗濯物を取り込んだりはしているはずです。

 

今の時代に照らし合わせると大したことはしていないように見えますが、
父も変化しているんです。
それはすごいんです。

 

そして父と母がいいならそれでいいはずなんです。

なのに、なんでこんなに嫌な気持ちになるんだろう。

 

自分の許容範囲が狭まっているのでは

 

大人になると、気が合わない人とは付き合わないですよね。
子どもの時みたいに先生や同じクラスの友達がいるわけでもないし。

 

仕事はしていますが、昨年異動して内向きの仕事なので、
過去最高に関わる相手が少ないです。

 

SNSも好きな考え方の人だけフォローすればいいし、
そうでない人の言葉は目に入らないような設定をすればいいし。

 

年齢なのか環境なのか、なんだか許容範囲の狭まりを感じました。
そしておそらくですが、気を付けないとどんどん加速していく気がします。

 

 

今年のたなくじ(Eテレ06552355より)

 

会社の人でも、
最近会っていない友人でも、
保育園のお母さん方でも、

 

もっと、他人と関わって、
そういう人もいるよねーの幅を広げていきたいです。

 

あと、読書もあんまりできていませんが、
自分が本屋で選ぶ本だけではなくて、勧められた本とかベストセラーとか、
自分の思っている守備範囲外にも手を出していきたいです。

 

そうしないと、どんどん自分が生きづらくなりそうな予感がします。

 

今後、自分の意見で凝り固まって、
身動きが取れなくなる前に、
見直さなくてはと危機感を覚えた出来事でした。

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク