家事

時短家事-日用品の管理

こんにちは。
「めんどくさいがなくなる本」を買うぐらいめんどくさがりです。
家事も好きな家事だけやっていたいのですが、そんなわけにもいかないので日々がんばっています。
洗濯は好きだけれどたたむのはめんどくさい。

 

毎日のルーティンは問題なく回ります

会社を辞める前の話ですが、子どもが1人、しかも「ボーナスタイム」と言われる年長なので、仕事が忙しくてたまらない時も日々の生活はちゃんと回っていました。

起きてメイクをして、朝ごはんを作って(果物とたまにみそ汁を用意するぐらい)、息子の用意が順調か見守って、連絡帳に体温を記録して、夫と息子を送り出して。

仕事が終われば電車に乗ってお迎えに行って、帰宅して15分か20分でご飯を作って、食べて、片付けて、お風呂を入れながら休憩して、お風呂に入ったら洗濯機を回しながらまた休憩してドライヤーをして、洗濯物を干して9時半までに息子に寝るようにうながして。

これで毎日それなりに過ごせていました。

 

めんどくさいのはたまに行う家事

毎日ではないけれど定例的に起きる家事は、めんどくさく感じたり、抜け漏れが起きませんか?
私にとってそれは、日用品の買い忘れと交換を行うことでした。

それでもなんとかやるんです。主婦だから。
なのにワーママ5年目にして、あれ?これはいいかも?ということがいくつか起きたので紹介します。

 

詰め替えボトルは買わない

お風呂には、シャンプー×2、コンディショナー(トリートメント)、ボディソープ×3の計5つ置いています。
シャンプーは私と息子はシェア。

これの補充、めちゃくちゃ面倒だったんです。
お風呂から上がったら洗って乾かして、次の日のお風呂前に詰め替え用を詰めて。
夫が最後に使ってボトルを洗っていなければ、洗ったものの乾かさなくても入れていいのかな…と悩んで。

詰め替えなきゃいいんだ!と気づきました。やっと。
毎回プラスチックのボトルを買っています。
環境にやさしくないし、お風呂には色とりどりのボトルが並んでおしゃれではないです。でも、相当負担が減った気がします。

 

食器用洗剤は大ボトルを使う

2回分のボトルには、1回分のキャップがそのままはまるのです。
こんなかんじに。

食洗機がないせいか、私の使う洗剤量が多いのか、小さいボトルだとすぐなくなりませんか?
いつもまた洗って乾かして詰め替えていたのですが、キャップがはまると聞いて早速やってみると詰め替えなくていいじゃん!と感動でした。

キャップだけ使いまわしなので、時々は小さいボトルを買ってキャップを新しくしています。
ちなみにキュキュットは4回分のボトルもあります。キャップははまりましたが、今度は重くて片手では使いづらかったです。欲張りはだめでした。

 

濃縮タイプの洗濯洗剤を使う

今まで保育園のあらゆる汚れがきれいに落ちそうな気がして、なんとなく粉洗剤を使っていたのです。
確かに汚れは落ちるし部屋干しでも嫌なにおいがしたことはないのですが、買うのは重いしストックに場所を取っていました。

CMで見てすぐ買いました。スーパーNANOXです。


 

66回か数えていませんが、長持ちです。
なくなりそう、買わなくちゃ、と考える回数がすごく減りました。
普通の液体洗剤と比べると粘度が高いです。

これを使い出す少し前にワンハンドプッシュのアタックZEROも使ってすごく便利!と感動していたのですが、NANOXが出て乗り換えました。
アタックZEROの濃縮タイプが出ないかな。詰まるかな。

 

試してみたけれどやめたもの

5倍巻きのトイレットペーパーも試してみたのです。上記の洗剤同様、管理コストが減りそうですよね。

確かに数週間交換しなかったので、普通のものと比べるとすごく長持ちです。
ただショッピングモールや駅のトイレでありそうなシングルの薄めのちょっと固い素材なので、ダブルのふわふわタイプからの乗り換えにはハードルが高かったです。


 

5倍巻きのダブルもあるようなのでまた試します。ストックで場所を取らないのはとても魅力的。

 

 

「時短」と聞くと、自分に合うやり方を選択したり、導入して安定するまでは少し考える労力がかかったりするイメージでしたが、
アタックZEROやスーパーNANOXは、私は何も努力していないのに洗剤側が勝手に進化してくれたおかげで時短になっています。

めんどくさがりでも何の努力もせず導入できて、しかもラクになってありがたいです。
ジェルボールもですが、洗剤の進化がすごい。