こども

病院運がある息子

 

こんにちは。
やっと今週から徐々に気温が下がりそうですね。
昨年から特にそうですが、鼻水や咳がちょっとでも出ていると学校や習い事に行かせづらくなるのでとにかく気を引き締めて体調管理に努めます。

 

息子はメガネ歴3年です

 

3歳児検診で引っ掛かり、4歳頃からメガネをかけています。
弱視と乱視です。

今のメガネは小学校入学前ぐらいに買い替えたのですが、
先日眼科の定期検診に行くと、
「弱視がよくなってきているから、メガネの度数を調整した方がいいかも」と言われました。

 

小児用の治療用メガネ(視力矯正だけじゃなくて弱視とか斜視とか)は、助成金が支給されます。
健康保険と、市町村のこども医療費助成から出ます。詳しくはメガネやさんHPへ。(Zoff)

5歳未満だと1年以上、5歳〜9歳は2年以上期間をあける必要があるのですが、
今回まだ1年経っていませんでした。

ただ先生から、「子ども用のメガネって大体1年以内は度数交換無料だから!」
「前回2月に処方箋出してるから、年内にもうちょっと詳しく測ろう!予約してね!」
と言われ、予約を取って帰りました。

 

実際帰宅して、メガネ購入時のパンフレット等を探すと、
1年以内は度数変更によるレンズ交換が無料と書いてありました。

説明は受けたのでしょうが、すっかり忘れていました。

 

そういえば息子の病院運は良い

 

前述の眼科の先生は40代ぐらいの女性の先生なのですが、
4歳前から通い出した息子にとてもとても優しくて、
検査をしただけで「すごいよ!よくがんばってるよ!」とほめられ、
今も「通ってきてくれているからよくなっているよ!」とまたほめてくれます。

1年に1回ぐらい、目薬で瞳孔を開いて行う検査を受けていて、目薬は少ししみるのですが、
「ちょっとしみるけど頑張ろうね!」「もう大丈夫だよ!すごいね!」とまた応援してほめてくれます。

それだけほめてくれるので、息子も多少痛くても眼科に行くのは全く嫌がりません。

3歳児検診で引っ掛かり、市からもらった一覧の中で一番近いところに行き始めただけなのですが、とてもラッキーでした。

 

 

さらに、生まれた時に心臓の穴が閉じ切らなかった時も、
小児循環器に対応できる病院が自宅の近くにありました。

小児科も自宅から徒歩3分以内に3つあります。
どこかが定休日でも大丈夫。

歯医者も小児用のベッドが複数あるような歯医者が近くにあります。
3ヶ月に1回の定期検診中は、天井のモニターでトムとジェリーを見ているそうです。

 

耳鼻科は、おじいちゃん先生で話が長くて、私は正直別のところに行きたい気持ちはあるのですが、
息子はその先生がなんだか好きみたいで行くときは楽しそうに行っています。

皮膚科と整形外科も新しい病院が近くにできました。
骨が折れてもきっと大丈夫。

 

そんなに大きな駅ではない、そしてそんなに新しい住宅地でもないところに住んでいますが、
ここまで揃っていてラッキーだったな、とつくづく思います。

 

 

信頼できる病院が揃っているのはQOLに直結する

 

引っ越す時、学校やスーパーは確認しますが、
子どもに対応してもらえる病院が揃っているのも、QOL(Quality of life)に直結しますね。

そういう意味では、短期間で発展したような新しい住宅地にはきっとそういう病院もたくさん開業していて暮らしやすいのかなと思います。
(この前そういう場所に行った時に道路はピカピカで歩道も広いし、電線埋め込みで電柱がじゃましていないし、ベビーカーや自転車で動きやすそうで感動しました)

 

私も夫も地元ではないので長く住むつもりはなかったのですが、
このままでは少なくとも息子が大人になるまでは離れなさそうです。