家族

ジュニアNISAはじめました

こんにちは。
退職に向けて引継ぎ中なのですが、引継ぎってこんなに大変だったんだ!と毎日てんてこまいです。
疲れているのか毎日毎日よく眠れます。

 

お金の教育ってどうしたらいいんでしょうか

息子はまだ足し算引き算の世界ですが、お金と適切に付き合っていくことができれば、人生の問題の一部は解決できると思っています。

私自身も自信がないところですが、夫はひどいです。ひどいなんてもんじゃないです。
結婚する時に絶対お小遣い制にしたほうがいいよ!と義母に言われた通りそうしていますが、本当にゆるいのです。

その辺もあって息子の教育はいろいろと危惧しているのですが、今年からこれを始めてみました。

ジュニアNISAです。

ジュニアNISAとはなんだろうというところなのですが、楽天証券のHPによると大体以下のとおりです。
進学や就職などに向けた資金の形成や、子どもに金融リテラシーを身に付けてもらうことが目的のようです。

・0歳~19歳(その年の1月1日時点で19歳以下)が対象。
・年間の累積購入代金80万円までが非課税で投資できる。
・非課税となる期間は5年間。
・18歳までは原則払い出し不可。
・大人のNISAでは投資信託か株式かどちらかだが、ジュニアNISAは併用可。

詳しくは楽天証券のHPへ。

そしてここから重要ポイント。
・2023年で終了予定。
→2024年1月1日以降は18歳未満でも払い出し可になりました。

私は、あくまで余剰資金で4年間で少しずつ運用して、
2024年以降は家計と相談して(もしくは時価次第で)続けるか払い出すか決めようと考えています。

口座開設の手続き

私自身が楽天証券で積立NISAをしているので、同じ楽天証券で息子分も開設しました。
ネットで申し込むと書類が送付されてくるので、必要事項を記載して送り返すと、確か1~2週間後ぐらいに開設された旨がメールで届きました。

親権者(両親がいる場合は両親2名分)のサインも必要でした。
そしてその親権者全員が記載されている住民票の写しも必要でした。

入金はどうするの?

基本的に本人(こども)の総合口座からの送金が必要です。
例えばATMにて親の口座から送金する場合は、受付できないようです。

ただ、楽天証券だけかもしれませんが、「リアルタイム入金においては、取引主体者が登録親権者の場合、口座名義人の預金口座のほか登録親権者名義による入金も可能」だそうです。

なので私は息子名義で楽天証券にログインして、
そのサイト経由で自分の銀行のサイトにアクセスして、即時資金移動ができました。
(こどもの贈与税の計算に含まれるそうなので、ジュニアNISA以外と合計して110万円以上になる方は注意です)

息子はゆうちょ口座しか持っていないので、そこにお金を入れたらいいの?と迷いましたが、ウェブで完結しました。

何を買おう

私はNISAは積立しかしていません。
株式は過去に手を出しましたが、株価の下落に心が落ち着かずほぼやめてしまいました。

息子分、迷うところです。

んー。

夜中に一人で楽天証券のサイトを見ながらこういう結論になりました。

2020年は株式を少し買ってみる。
2021年以降は、毎月こつこつ投資信託を買う。

こつこつ投資信託の方がリスク分散としてはいいのですが、
12月に背中を押されて株式にも手を出すことにしました。過去に長期保有ができなかった自分を見直して再チャレンジです。
ジュニアNISAで貯めた分は教育資金に使いたいものの、この株の部分は息子にそのまま渡せるといいなと現時点では考えています。

 

NISAiDeCoも、税金も年金も、面倒だし何も考えずに生きていきたいのが本音です。
でもどう考えても知識があるに越したことはないので、将来の自分やこどものためにちょっとずつ勉強していきます。

夫にも勉強してほしいんですけどね。私のすることに口出ししないだけマシですかね。

 

ワーママブログ、日々の生活の参考にしています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 にほんブログ村へ