仕事

確定申告終わりました(退職→専業主婦→個人事業主)①

 

こんにちは。
昨年引っ越して、リビングが暑くて暑くて電気代が大変なことになったのですが、
冬の電気代は前の家に比べると下がっていました。一安心。

 

確定申告終わりました

 

てっきり2月15日からだと思っていましたが、還付申告はそれ以前でも受け付けてもらえるそうです。

以前、心配!!の気持ちだけを綴ったブログはこちら。

仕事を始めた話と確定申告 こんにちは。 ミスドの手帳2年目なのですが、去年と綴じ方が変わったようでパタンと開きづらくなっていました。 働いている時は毎...

 

2021年は、年初は前職の会社に在籍、その後雇用保険(失業保険)を受給、受給後は専業主婦、その後在宅の事務の請負開始(個人事業主)、という流れでした。

私は税理士でもなんでもないので正確な情報か保証はできないのですが、
私が迷って解決したところを、現時点での情報で書いてみます。

 

 

確定申告で悩んだところ9ポイント

 

①年初は給与収入があった(源泉徴収されている) →関係あり

退職後に「源泉徴収票」を受け取りました。そこに「源泉徴収税額」の記載がありました。

確定申告をすることで、この金額が返ってくる、と認識してのスタートでした。

そして、大した金額ではないので、生命保険料の控除で賄える金額だろうな、ともここで認識しました。

 

②退職金を受け取った→関係なし

退職金は通常の給与とは別に税金の計算がされるそうですが、勤続年数等に応じて計算式があり、一定以上だと所得税がかかりません。

所得税がかかる場合も、「対象所得の受給に関わる申告書」を会社に提出すれば、会社が源泉徴収を行なってくれるので確定申告は不要です。

 

私の場合、計算すると所得税がかからない金額でしたが、会社から受け取った退職金明細書を見ると当該書類は提出済みでした。
なので私の場合、確定申告には退職金のことは関係なし!

退職前に担当の方(顔見知りのお姉さん)に呼び出され、
namjamさんここ名前書いてーここハンコ押してー、はいできたー!としてくださった中にあったみたいです。

 

 

③雇用保険(失業保険)を受給していた→関係なし

雇用保険は税金がかからないので確定申告には関係ないです!ばんざい!

 

 

④雇用保険を受給中、国民健康保険と国民年金を支払っていた→関係あり

まず国民健康保険ですが、これは世帯主に支払義務があります。
なので、本人(私)の確定申告でもいいのですが、今回私は夫の確定申告の計算に含めました。
市役所から支払った金額の証明書?のハガキが送られてきたので、それを添付しました。

次に国民年金ですが、これは私に支払義務があるので確定申告に含めることができます。
ただ、私はこれを含めても還付される金額に変わりがないので計算に含めませんでした。

 

秋に年金事務所から控除証明書が送付されてくるのですが、これは年末まで払ったとしての見込み金額が記載されています。
私は送付された後に扶養に入ったので証明書と実際の支払金額に差がありました。
コンビニ支払の控えを添付してもいいのでしょうが、なんかめんどくさ!となってやめました。

 

 

⑤生命保険と個人年金の保険料を支払った→関係あり

秋ぐらいに保険会社から送付されてくるハガキです。
年末調整はこれを添付して勤務先にぺらっと提出するだけだったのに!会社員ってすごい!

 

 

⑤在宅事務の仕事が請負なので、個人事業主の開業届を提出した
⑥⑤を青色申告する申請をした

一般的な確定申告の用紙に加えて、「青色申告決算書」を提出する必要があります。
これは次回書きます。

給与所得ではなく、事業所得がここで出てきます。

 

⑦このブログの収入(経費を引くとマイナス)がある→関係なし

ブログを書くのが本業の方はこれが「事業所得」になるのですが、
私はこれは本業ではないので「雑所得」になります。

ちなみに、本業に関わる副業は「雑収入」になるそうです。
雑収入の赤字は本業と相殺ができます。

雑所得の場合は本業と相殺しないです。そのため赤字の場合は所得0になるので、申告不要だそうです。
ちなみにですが、よくよく計算するとギリギリマイナスでした。サーバー代は広告収入でほぼまかなえていました。本当にありがとうございます。

 

 

⑧株式の売買をほんの少ししている(源泉徴収なしの口座)→関係あり

各証券会社のサイトから、年間収支の計算書がダウンロードできるのでとりあえず集めました。

投資信託は利益確定をしていないので除いて、残りのFX少々と株式の売買少々に税金がかかるようです。微々たる額なのに。

どうせ年間20万円も利益が出ないので「源泉徴収なし」で設定していましたが、面倒なので証券会社を絞って源泉徴収ありに変更していく方向にします。

年間20万円未満ならサラリーマンは確定申告不要です。源泉徴収有りなら都度税金が引かれるのでそれ以上利益が出ても確定申告不要ですが、複数の証券会社での損益の相殺は不可。

 

 

⑨マイナンバーカードのカードリーダーがなくても、スマホで申告できるの?

できました!
PCで作成して、スマホでカードを読み込んで、PCで提出、の流れでしたが、心配していたより簡単でした。

 

 

実際に何をどうやって提出したらいいの??の話は次回にします。
さっき書きましたが、サラリーマンってすごいですね。楽ですね。