好きなことを続ける

こんにちは。

息子はメガネをかけていますが、
保育園でのび太くんと言われることがあるそうです。
お迎えの時にお友達から聞きました。

 

本人が嫌だと感じていないか心配するばかりです。

 

 

ファッションの情報、どこで仕入れていますか?

 

インスタグラムやファッション誌、身近な人…いろいろあると思います。

 

私自身は、雑誌読み放題(dマガジン)でいろいろな雑誌をひたすら読んでいるので、
雑誌がメインです。

 

あとは、会社の人や、友人、姉、電車に乗っている人など、リアルな人を見ています。

 

出産前は店舗に足を運んで、たくさんの洋服を見ていましたが、
産後はそうもいかないので、
zozotown等ネットショッピングでも情報を得ています。

 

 

私の感度が高いとは言いませんが、
私に限らず、女性はこういう風にファッションに関する情報を
無意識にどんどん吸収している人も多いと思います。

 

 

では男性はどうなのでしょうか。

 

夫がファッション迷子

 

30台も半ばに差し掛かって、
髪の毛も少し減ってきて、
スタイルも太ってはないけどなんとなく崩れてきて
もちろん顔も若い時とは違ってきています。

何を着たらいいか、いつも悩んでいます。

 

 

私は息子の服を
あんまり高くなくて、動きやすくて、ちょっとおしゃれに見える
バランスがとれている服を選んでいます。

 

それがとてもとてもうらやましそうです。

 

とはいえ、私も会社ではスーツの人しかいないし、
メンズ服には疎い上に夫をかっこよくすることに興味がないので、
よっぽど変な服、くたびれた服以外は、好きにしてほしいと思っています。

 

冷たいですね。

 

 

 

私自身も、何着よーーーと割としょっちゅう悩んでいますが、
夫ほど「見当もつかない」というわけではありません。

 

なぜでしょう。

 

 

 

やっぱり好きだからですよね。

 

 

中学生はプチレモン、
高校生はセブンティーンやポップティーン
大学生はCancamやJJ、
その後はAnecanや美人百花
現在はandGIRLやOggiなんかを見ているわけです(今は全然買えませんが)

 

夫と比べて、たくさんの情報を得て、研究して、
自分に似合うものを試行錯誤して、
時には思いっきり失敗もして、

 

経験値が全然違うんです。

 

しかも好きでやっているから、
努力している自覚もなく
気づけば、自分に似合うもの/似合わないものが
なんとなくわかっているのです。

 

エビちゃん時代の華奢なヒールでどれだけ靴擦れしたか・・・
すてきだと思ったパンツが体型に合わず、すっごく足が短く見えたりもありました。

 

「好き」のパワーはすごい

 

資格を取りたいとか、
仕事に役立てたいとか、
いろいろと努力することはあると思います。

 

でも、好きじゃないと続けるのは大変だし
好きな人にはかなわないんです。

 

 

さかなくんが分かりやすい例ですよね

 

息子の好きなことは何だろう

 

・工作
・仮面ライダー
・ブロック
・ぶらんこ
・お友だちとふざけあうこと

 

好きなことが得意になって、
自分の根っこ?土台?になって、
自分に自信がつけばいいなぁと改めて思った夜でした。

 

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク