私のこと

デビューしました

こんにちは。
ここ数日寝ても寝ても眠くて完全に寝正月でした。
ステイホームだしちょうどいいかもしれないですね。

 

大学デビューの思い出

ちょうど高校生から大学生になる頃、「読者モデル」なるものが盛大に流行っていて、神戸がメインで関西の女子大生がファッション誌にものすごく出ていた時代でした。

ファッション誌に出ている女子大生はエルメスのバッグを持って、髪をくるっくるに巻いていました。
なんとなくそうしないといけないと思い込み、私も祖母にもらった入学祝でエルメスは無理でしたがブランドのバッグを買い、髪を巻いて大学に通い始めました。

通っているうちにそういう人もいるけれどそうでない人もいっぱいいて、もちろんそんな人ばかりではないよなーと少しずつ力を抜いていったことを覚えています。
デビューといえばそんな思い出。

メルカリデビューしました

過去に2回購入したことはありました。
息子の結婚式用の服と、息子の鉄道本です。すごくきれいだし丁寧に梱包されているしで、わりといい印象がありました。

でも、自分が出品したことはありませんでした。

怖くないですか?

なんとなくネットで見ていると、値下げをしつこく頼まれたとか、お互いに意思疎通がうまくいかないとか、トラブルの話がたくさんで、怖い印象しかなかったのです。

でも姉が引っ越しの際にいろいろ売れて楽しかったよーという話を聞いて、
確実に自宅にいてスマホが触れる日で、さらに売れたらすぐ発送に行ける長期休みがチャンス!と思い出品してみました。

3日で3冊売れました。

とりあえずトラブルが少なそうなのは本だろうと想定し、
事前に自宅にある本で検索して、売れる可能性が高そうなビジネス系の本をいくつか出品してみました。

やったことは以下の通り。長いです。

①お天気の日に写真を一気に撮る。(なんとなく見栄えがよさそう)
②ひさしぶりだったのでアプリにログインして、スマホの設定でアプリを通知ONにする。
③書いてある通りに出品しようとしたけれどメルカリ便がよく分からない。
④宅急便コンパクトの箱をコンビニへ買いに行く。
厚みが薄い本はネコポス(175円)、厚い本は宅急便コンパクト(380円)がよさそう。
⑤やっと出品。
⑥待つ
⑦1時間で1冊売れる。
⑧取引画面で今日中に発送する旨をコメントする。
⑨本をラッピングの透明袋(家にあった)で包む。なんとなく不安でさらにA4の紙封筒に入れる。
宅急便コンパクトの箱に入れてみるとちょっと本が小さくて動きそうだったので包装紙を適当に切って(これも家にあった)で隙間を埋める。
⑩コンビニへ持っていく。レジでメルカリですねーとすぐ反応してくださる。透明の袋がもらえるので箱に貼る。取引画面のバーコードを見せると配送伝票?が印刷されるのでそれを自分で袋に入れる。配送料金は売上から引かれるらしい。
⑪取引画面で発送した旨をコメントする。
⑫購入者が受け取って評価が完了すると、出品者にも評価する画面が出てくるので評価する。取引のお礼のコメントをする。

 

以上!すぐ売れて慌てましたがなんとかなりました。
あと動きがあるとメルカリアプリで通知が来るのがとても便利。
予定がなくて家にいる時だったので、すぐ対応できてよかったです。

やってみないと分からない

本当に怖かったんです。
まず出品画面でどきどきして、本当に大丈夫かなと何回も見返して出品して、
出品後もスマホを近くにおいてどきどきして、
数時間で売れてスマホに通知が来たので、えっもう!?と焦って、いそいそ梱包して、息子をお散歩行こうよーと誘ってコンビニに行って。

最初から最後まで緊張したのに、終わってみればなにも大したことはしていないんです。
おそらくですが、始まった当初より絶対にうまくシステム化されていそうに感じました。

 

大学入学も、ファッション誌には同じバックを2日続けて持ったら「お気に入りなの?」と聞かれるって書いてあって、かなり緊張していたんです。
確かにそういう世界もあるかもしれないけれど、それが全てではないし。

ひさしぶりに気になっていたことに挑戦した出来事でした。
捨てるのがもったいないから所有しているものをうまく手放せる手段にしたいです。

 

 

ワーママブログ、日々の生活の参考にしています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 にほんブログ村へ