私のこと

子どもではなく大人用にマインクラフト購入

 

こんにちは。
給食がないと、スーパーに行く頻度を増やさないと冷蔵庫が空っぽになりますね。
ふるさと納税しなきゃ。お米もらわなくちゃ。

 

ゲームがしたい気分です

前々回の記事で、ゲームに馴染みがなくてもが取っ付きやすそうなswitchのソフトについて書きました。

ゲームが苦手でもできそうなSwitchのゲーム こんにちは。 初めての夏休みですよ。仕事をしていた時に懸念していた小1の夏休みですよ。 仕事をやめたら今度は親子ともに暇すぎ...

悩んだ結果、マインクラフトを書いました。

 

マインクラフトってどんなゲーム?

任天堂のソフト紹介のページによると、こういうゲームらしいです。

Minecraft はブロックを置いたり冒険へ出かけたりするゲームです。
ランダム生成された世界を探検して、簡素な小屋から豪華絢爛な城まで、さまざまなものを作りましょう。クリエイティブ モードで無限の資源を使って自由に遊ぶのか、サバイバル モードで地中深くを掘り進め、武器や防具を作って危険なモブと戦うのかは、あなた次第。

これだけ読んでもよく分からない。

・サバイバルモード
・クリエイティブモード

の2つがあるのは分かります。

 

サバイバルモードはよゐこの動画を見るのが分かりやすいです。

・自然環境の中に放り込まれる。
・周りの自然や動物を元に、住むところを作り食べ物を調達する。
・敵が襲ってきたら戦う。
・敵にやられることもある。
・採集が大変なレアアイテムを使うと、強い武器が作れたり動力を使えたりする。

 

楽しそうですが、敵が出ない方がうれしいです。

 

ではクリエイティブモードは。
ネットでいろいろ見てこういう遊びだと判断しました。

・素材は最初から全部持っている。
・敵は出てこない。
・お腹も空かない。
・まちづくりや建物づくりを楽しむ。

 

クリエイティブモードがやってみたくてマインクラフトを購入することにしました。

 

実際どうなの楽しいの?

KindleUnlimitedで攻略本があったので、参考に家を作ってみました。

ちなみにクリエイティブモードでは、最初に地形を選べます。
よゐこの動画のように森や川があるタイプか、フラットタイプか。

 

フラットタイプの地形で家を作るとこんなかんじになりました。

おー。

切妻の屋根ですね。
手前に見えている岩は、ゲーム上の私が手に持っている素材です。

簡素な家ですが、ブロックを何百個も使って1〜2時間かけて作っています。

 

 

うん、すごく楽しい。

楽しいです。動画や本で練習して、そのうち自分の好きに作れるようになったらもっと楽しそうです。

達成感もありそう。

ひとりでこつこつ取り組みたい私にぴったり。
あと子どもに話しかけられてもすぐに中断できるのも良い。
(戦うゲームは中断できなかったり、中断すると負けになりますよね?)

何を作ろうかわくわくします。

 

注意点は3D酔い

最初、フラットではなく森や川があるタイプで始めました。
風景があった方がすてきかなと思ったんです。

川や海の近くの開けた土地に家を建てようと、探検していいかんじの土地を探していたのです。

 

ん?気持ち悪い。

これ、3D酔いというらしいです。
視覚情報と平衡感覚のズレで起きるようです。

 

せっかく買ったのに!と焦りつつ、
フラットモードで探検せずに(どこに行っても緑の土地で海も川もなので探検しようがないですが)、家を作って見ると大丈夫でした。

驚きました。ゲームで酔うんですね。

 

教育にいいかどうかはこれから

マインクラフトってなんとなく教育と絡めて話されているイメージがありました。

立体認識には役に立ちそうなのは分かります。

また、動くブロック等を使えば作ったものを動かすことができるようで、
私の作った家では踏むと扉が開くブロックを使うことで、「扉を開ける」操作をしなくても近づくと(ブロックを踏むと)開くようになりました。

 

説明書きやアドバイス的な要素が全くなくて、最初は教えながらではないとできないゲームのようなので、
私が楽しく遊んでいてちょっと興味を持って、そのうち一緒にできればいいかなと考え中です。

 

息子と夫と私でswitchの取り合いになりそうです。