私のこと

ひさしぶりの勉強

こんにちは。
3連休いかがお過ごしでしたでしょうか。
人の多そうなところは出かけにくいし、かといって家にずっといるわけにもいかないし。

 

ひさしぶりに勉強をしていました。

 

資格?検定?の試験で、
そんな勉強をするのは、10年弱ぶりぐらい。

 

なっかなかに苦しみました。

 

 

まず、なにから始めたらいいか分からない。

 

テキストを読んでも、全然頭に入らない。

 

あーわかったわかった、そういうことか!と思うのに
一瞬で忘れる。

 

テキストを嫌々読むことに時間をかけすぎて、
最終的には問題を解く練習が足りない。

 

 

…勉強って普段のトレーニングも大事ですね。

 

結果はまだ分かりませんが、
手も足も出ないわけではなかったものの、
合格点は厳しいかなというところです。

 

 

さて、ゆるゆる1か月+きりきり1か月の計2か月勉強して、
考えたことが2つありました。

 

①子どもに勉強している姿を見せられるのはいいこと

 

試験の1か月前から、
「ごめんね、お母さんちょっと勉強するね」
と言って、ひとりで遊んでもらったりすることが増えました。

 

今までは一緒にテレビを見たり、
一緒に遊ばなくても、私はリビングのソファに座って、息子はリビングの床で遊んだり、
という時間が長くありましたが、

 

息子はリビング、
私はダイニングテーブルで過ごしてばかりでした。
(夫は基本的にいない)

 

来年度の年長の間に、毎日自宅でちょっとでも勉強する習慣をつけたいので、
大人が毎日テキストを広げている姿を見せられたのは
よかったのではと勝手に思っています。

 

あと、「べんきょうがんばってー」と応援してくれるのは
とてもとてもかわいい。

 

 

②圧倒的に時間が足りない。

 

時短とはいえ、ワーママなんてただでさえ時間がないわけです。

 

そこで勉強時間を捻出するわけですから、結構きついんです。

 

今日は寝かしつけ後にやろう!と思ってもなかなか寝ないし、
そのうち自分も寝落ちしちゃうし。

 

朝早起きしたら息子も起きてくるし。

 

昼休みは早く帰りたいから結局仕事してるし。

 

これまでも持ち帰り仕事はたまにはあったものの、さすがに1か月続くわけではなかったし、

 

仕事も忙しく毎日1時間程度残業が続いたし、

 

とにかく時間がないんです。

 

で、余裕がなくなると、いらいらしてきます。
普段もいらいらしがちなのに。

 

休みの日に、いい加減やらなくちゃ!と勉強していると、
「おかーさん、おりがみここわかんないー」と持ってくるんです。

かわいいはずなのに、いらいらしちゃうんです。

 

「ぼくもべんきょうしよー」と持ってきたポピーで、
「ここどうやるの?」と聞かれたら、
ちょっと待ってー!!となるんです。

 

私が一番気持ちを割かないといけないのは子育てのはずなのに、
何をやっているんだろう。

 

 

 

とはいえ、子育て中って勉強もがまんしないといけないのか、
とふと思うわけです。

(私の勉強の効率の悪さとかは置いておいて)

 

 

という話を夫にぽつぽつとしていたら、
「仕事辞めたらいいやん」
とか言うわけです。

 

いや、気軽に言わないでよ。

 

でも選択肢として持っててくれてありがとう。

 

 

なんというか、
一人っ子でかつ手がかからない子なのに、
なんでこんなにいっぱいいっぱいなんだろう。

 

 

やっぱり年中の途中でいったん仕事を辞めて、
専業主婦になるなり、自宅近くで短時間で働くなりにしたほうが、
自分も家族も余裕ができて幸せなのかなとまた考えています。

 

息子と夫のケアを最優先にしたい。

 

 

ワーママブログ、日々の生活の参考にしています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 にほんブログ村へ