家族

年末のぎっくり腰と今年の抱負

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

新年いかがお過ごしでしょうか。
私は夫が仕事のため、息子と二人で自分の実家に来ています。
(予定。現在12月30日)

 

2019年、どんな年でしたか?

 

世の中的には令和になりました。
GWが10連休でしたね。

 

さて、私は

 

育休復帰後初めての人事異動があり、
新しい仕事を覚えるだけならともかく、
定期的に休日出勤があり、そのたびに家族が荒れ、

仕事をこのまま続けられるのか非常に不安な1年でした。

 

まだ結論は出ていませんが、
息子が年長になる今年、小学生になるまでに、
たくさん悩んで結論を出さないといけないと思っています。

 

 

家族は

 

息子は年中になり、「お世話」にかかる手間がどんどん減っていき、
来年は小学校入学準備があると考えると、一番楽な年だったのかもしれませんね。

 

夫は相変わらず残業をして、休みが少なくて、
家族3人で過ごす時間はやっぱり少なかったように思います。

 

それでも、夫と息子は仲が良く、いつも楽しそうです。
息子は夫をお父さんと呼びつつも、やっぱりお友だちだと認識しているようです。

 

振り返ると、健康に関して後厄のパワーがきました

 

1986年生まれの私、2019年は後厄でした。

 

前厄の年は夫に金銭トラブルが起き、
本厄の年は前厄の時にかなりお灸をすえたのに再発しかけて、
離婚か!?と大騒ぎになりました。

厄年恐ろしや…。

 

 

35歳から体力が落ちるよ!肌も変わるよ!

 

そう聞いていたので、健康に関してはまだだと油断してましたが、
33歳になった今年、わりとダメージを受けました。

 

大病はしていないので大した話ではないのですが、
PMSでメンタルが大荒れしたり、
繁忙期の15日連続出勤(その後1日休んでまた4日出勤とか)で胃腸がやられたり、
やたらに眠くなる時があり息子をほっといて寝てしまう休日が頻発したり、

 

寝込むほどではないけどなんだか不調…があまりに多い年でした。

 

これまで生理痛持ちでも頭痛持ちでもなく、健康すぎたのかもしれないですが。

 

 

 

そして最後に来ました。

 

 

ぎっくり腰。

 

 

重い物を持ってビキッときて、全く動けなくなる…というイメージのぎっくりですが、
それではないです。

 

整骨院の先生によると、
症状は完全にぎっくり腰だけど、
重い物を持って急に来たわけではないので、
今までため込んできたゆがみや負担が、ひとつのきっかけで爆発した状態らしいです。

 

28日に少し家具を動かし、
翌日に痛いかも?でも大したことしてないしと思って湿布だけ貼って、
翌々日にはこれやばいやつ!となって駆け込みました。

 

30日なのに開いててよかった。

 

今30日の夜ですが、コルセットを巻いています。
ちょっとマシ。

 

年明けにもう一度整えてもらいに行く予定です。

 

 

今年の目標は

 

年末のこの出来事で、完全に健康ですよね。

 

健康にもいろいろあると思うのですが、
これを目標にしたいです。

 

「正しい筋トレの仕方を学ぶ」

 

筋トレって、本や動画で簡単に学べますが、
本当に正しい筋肉に負荷がかかっているのか不安です。

 

パーソナルジム?パーソナルトレーナー?で、
放っていたらどんどんたるんでいく体に喝を入れて、健康にも繋げます。

 

 

もうひとつの目標はこちら。

 

「将来について夫と積極的に話す」

 

私が仕事を辞めるかが一番大きな論点になりそうですが、
夫が仕事を変えてもう少し家事育児を担うのも選択肢の一つです。

 

息子は、お母さんと家にいるのが好きに見えるけど、
それよりも私が仕事を続け、
学童や民間学童や習い事や長期休みのサマーキャンプなど、
外での経験をたくさんさせた方がよいのか、
今後の子どもの教育についてのすり合わせもしたいです。

 

夫、自分の考えをあんまり行ってくれないんですよね。
「なんでもいい」が口グセで。
でもなんでもいいわけじゃない時もありそうなので、見極めが難しい。

 

夫との話し合いを通じて、20年後、30年後自分はどうありたいか、
考えることもしていきたいです。

 

2020年、オリンピックで盛り上がる記念の年になりますが、
私も、これを読んでいる人も、充実した1年だったなーと振り返られるような1年になりますように。

 

そのためにとにかく腰を直そう。

 

 

 

ワーママブログ、日々の生活の参考にしています

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 にほんブログ村へ