こども

ポケモンのぬいぐるみがたまらなくかわいい

 

こんにちは。
夫のスーツのズボンに日々アイロンをかけているのですが、暑くなってくると共にしわしわが多くなり困っています。
ワーママ時代は自分でかけてねーと言っていましたが、シャツがなくなる週末にまとめてかけていたので、数着あるとはいえしわしわのスーツで仕事に行っていたんでしょうね。
知ーらない。

 

みがわりのぬいぐるみ

ポケモンのゲームをする方にはおなじみなんでしょうか。

 

自分のポケモンが相手のポケモンと戦う際に、

相手の攻撃を代わりにぬいぐるみに受けさせる「みがわり」という技があります。(合ってます?)

そしてそのぬいぐるみの「ぬいぐるみ」がポケモンセンターで販売されていて、息子の強い要望により家にいます。

 

こちら。

恐竜っぽい。

今年の2月に購入して以来、夜寝る時にはピカチュウの大きなぬいぐるみと共に抱えてベッドに運び、
起きた時には抱えてリビングのソファに一緒に寝転がり、
隣に座らせてゲームをしていたりします。

ピカチュウも気に入っていますが、みがわりの方がふわっふわで抱き心地がいいようで抱き締めながらテレビを見ていることもあります。

 

最初は意味がわからなかったんですけどね。
なんでこのぬいぐるみが欲しいの?ぬいぐるみのぬいぐるみよ?
ワンパチとかじゃなくていいの?って何回も聞きました。

 

そういえばお気に入りタオルがあった

息子は指しゃぶりをする子だったので指以外への執着は少なめでしたが、それでもガーゼタオルはお気に入りで、2枚あるタオルを順番に手元に置いていました。

指しゃぶりをやめさせた頃には、代わりに私の手を握るかタオルを握って寝ていました。

 

そして今2歳の姪なのですが、こちらもタオルがお気に入りのようです。

バスタオルが好きらしく、写真を見るとしょっちゅうくるまっています。いくつかお気に入りがあるものの、洗濯のタイミングには注意してる!とのことでした。

 

よく知られていますが、「ブランケット症候群」とか「ライナス症候群」とか言われるアレですね。
子どもの頃はふーんと受け止めていましたが、育児をするようになって「毛布の子ってからかわれていたけどあるあるなのねー」ってなりました。

ブランケット症候群について詳しくはこちら

 

ポケモンのぬいぐるみ、かわいい

落ち着くものがあって良かったねーという話ではあるのですが、
それを差し置いてもポケモンのぬいぐるみってばかみたいにかわいいいんですよ。

ふわっふわのみがわりぬいぐるみは売り切れでしたが、かわいいものはたくさんあります。
(写真をクリックするとポケモンセンターオンラインショップへ飛びます)

デデンネふわふわデデンネ。3,960円。

 

キョダイマックスピカチュウキョダイマックスピカチュウ。実物は背中のラインがまるまるしてすてきでした。3,960円。

 

ワンパチ。アニメで大活躍ワンパチ。5,280円。

 

カビゴンカビゴン。4,081円。

 

 

ぬいぐるみに4,000円とか5,000円って高いな、と最初は思っていたんです。
コロナ前は海外の方がカゴいっぱいに買っていて、インバウンドってすごいなぁと思っていたんです。

でも買ってみたら。かわいい。まるっこくてとてもかわいい。
ポケモンセンターで若い女性を見かけるのも頷けます。

ちなみに小さいぬいぐるみだと安価で種類もたくさんあります。

 

 

触って落ち着く、見て癒されるグッズって、いいですよね。
息子が大きくなるとともに、ふわふわまるまるしたものが恋しくなっているのかもしれませんね。
とりあえずチラチーノとモンメンのぬいぐるみを出してくれるのを待っています。