こども

初めての小学校参観日

 

こんにちは。
仕事が決まりそうでバタバタしています。扶養内で息子が学童に行かない程度で働けるよう調整中です。
落ち着いたらこちらでまた報告します。

 

初めての参観日がありました

 

感染対策のため、決められた日程の中で見たい授業を申込む方式でした。

私が申し込んだのは、息子の希望により図工でした。

 

先生が紙を配り、その紙にそれぞれ絵を描いて、

絵が描けたタイミングで割り箸などを配り、紙を割り箸などに貼り付けて、おもちゃ的なものを作る授業でした。

 

1年生おもしろいです。かわいいです。

 

絵を描くからクーピー出してねーと先生から言われたら、

机の中のお道具箱からクーピーを出すだけです。

それなのに、あちこちでクーピー落としたり、筆箱を落としたりしています。

 

先生がちょっと笑わせるようなことを言うと、隣や後ろを向いて、きゃっきゃと笑っています。

出来たら、「先生出来たー!!!」とアピールしています。

出来た人ーと聞かれたら、右手を上げて大きな声で「はーーーーい!」と返事をしています。

元気いっぱいで楽しそうで、なんだか元気をもらえます。

 

35人学級ってどうなのよ

 

息子のクラスは35人の児童がいます。
1年生は最大35人らしいので、MAXです。

席は横に7列、縦に5列で、全員が座っているのは初めて見ましたがキッツキツです。
私が小学生の頃は隣の子と席をくっつけていた気がするのですが、1列ずつ通路を開けています。
が、この通路がかなり狭いです。
女性でぎりぎり、男性なら半身にならないと通れないぐらいです。

 

正直、先生の目が行き届くのか?手が回るのか??と疑問に思っていました。

息子からは、入学当初は「朝の会」「給食」「終わりの会」はお手伝いの先生が来てくれてるーと聞いていました。

 

最近はどうなんだろうと思っていましたが、授業中にサポートの方が来てくれているようです。(先生かどうかは不明)

参観時は図工でしたが、明らかについていけていない子数人のところにその方が行ったり来たりしていました。

あとで息子に聞くと、算数の時は〇〇ちゃんは別で授業を受けてるーと言っていたので、
授業内でサポートを受けたり、別で受けている子もいるようです。

 

不満ではなく、あんなぴよぴよした子達35人も見て先生大丈夫???と先生の心配をしていたので、ちょっと安心しました。

 

私が小学生の頃との違い

 

息子から話は聞いていました。
教室にエアコンはもちろん、扇風機も天井に何個もついていて、
プロジェクターとスクリーンもあって。

コロナのせいだとは思いますが、始業式は教室でスクリーンに校長先生の映像を映してオンラインで開催されたとか。

 

授業参観でどういう風にスクリーンを活用しているか見ることができました。

 

まず全体として、黒板とスクリーンを半分半分にして、必要に応じて使い分けをされていました。

先生のPCをスクリーンに投影できるのはもちろん、
工作の途中で先生がPCを持ってうろうろして、子どもたちが作っているものをPCカメラで映してスクリーンで大きく映していました。
前に立って見せるよりよっぽど良く見えました。

あとどうなっているか気になったのは、先生がスクリーンにポインター的な太いペンで文字を書き込んでいました。
スクリーンに書きこめるなんて。全部消すときはボタンを押すだけ。

 

私が子どもの頃はプロジェクターは視聴覚室にしかなかったし、
それもPCに繋ぐのではなくて、カメラに紙を映してスクリーンに映す機械だったような気がします。
大学でやっと毎日スクリーンを見て授業を受けるようになりました。

 

先生も新しい機材を使いこなすのは大変でしょうが、
これで授業がやりやすくなったり、準備が効率化したり、いい部分があったらいいなぁと授業を見ながら考えていました。

 

 

息子が楽しそうでひと安心

 

学校に楽しく通っているのは分かっていましたが、今回授業中の様子を見て、楽しそうにしていて安心しました。

友達の描いた絵を見て笑っていたり、セロテープがなくなって隣の子に借りたり(すぐ買いに行った)、プリントを後ろに回すときにニコニコしていたり、

コロナで延期延期になっていたので開催されてありがたかったです。

 

年末には音楽発表会があるそうなので、無事に開催されることを願います。
来年は運動会もできるといいですね。今年は1学年15分だったもんな。短い。足りない。