仕事

パソコンの選び方①スペックの話

 

こんにちは。
暑かったり寒かったりですね。
新学期でこどもたちも気を張っているタイミングなので、とにかく体調を崩さないように気を遣います。
年少~年中時代にお願いだから風邪ひかないで・・・とR-1を食べさせていたのを思い出しました。また買ってみようかな。

 

PCを買い換えました

 

買い換えよう!と決めたものの、

どんなスペックが必要なのか、そもそもそのスペックはどのぐらいの価格で購入できるのか。

さっぱり分かりません。

 

以前読んだこちらのブログを思い出して参考にしました。(ワーママブログでは有名なぽにさんです)
この記事すごいです。PCに詳しくない人でもとても分かりやすく、この内容をある程度頭に入れておくと、ネット検索したり店舗に行ったときに格段に選びやすくなります。

ちょっと真似しつつ、私なりの選び方も追加して、2回に分けて書いてみます。

 

自分に必要なスペックを整理する

 

まず、自分は何をしたいのか、そのためにはどういうスペックを選んでいけばいいのか、です。

 

①WindowsかMacか

 

一般企業ではWindowsの方が多いですよね。
自宅でもOffice系のソフト(ExcelとかWordとか)を使うなら仕事で使っているWindowsの方が慣れていて作業が速いです。
慣れだけではなく、Microsoft社が作っているので作業がしやすいのは確かです。

Office系のソフトを購入しない場合でも、Googleのスプレッドシート(Googleが提供している無料で使えるExcelみたいなソフト)はかなり使えます。
使い方はエクセルとほぼ同じなのでWindowsでExcelに慣れているならやっぱり慣れている方がおすすめです。

 

ただ、ほかのApple製品とファイルを共有したりするのはMacbookの方が格段に手軽なので、Office系ソフトやGoogleスプレッドシートを多用せず、iPhoneやiPadを横断してファイルを使いたい場合はMacbookも検討したいところです。

 

 

②ノートかデスクトップか

 

外出先や、もしくは家のあちこちで作業したい、専用のデスクがないならノートPC一択です。
私もダイニングテーブルでノートPCを使っています。

デスクトップPCの方が高スペックにしたりモニター2つにしたりしても安価に収まると思います。
私の中ではPCに詳しい方、もしくは超ハイスペックのPCが必要な方はデスクトップのイメージです。

 

③メモリ

 

「作業する机の広さ」と言われることが多いです。
メモリが大きい方が、同時にいろいろな作業をしても動きが重くならずに快適です。

一般的に販売されているものは8GBと16GBが多いです。カスタマイズすればもっと大きいものがあります。
4GBのものもありますが、ブラウザを立ち上げただけですでに3GB使っている…みたいな記事もあったので(こちら)おすすめはしないです。

 

私はAdobeのソフトを使いたかったので16GB一択でした。動画編集を思いっきり行うなら16GBでも足りないかもしれませんが、Photoshopは問題なく使えています。
(ちなみに以前使っていたMacbookProは8GBでも動画編集できていました。M1チップの性能がいいのかもしれません)

 

④CPU

 

intel(インテル)やRyzen(ライゼン)、MacならM1チップとかです。
「パソコンの頭脳」と言われるところです。

intelはCore i3、i5、i7、i9…と数字が大きくなるほど性能が高くなります。価格も高くなります。
性能が高いと複雑な指示も速く処理できます。頭の回転が速いイメージでしょうか?
絶対に確実に軽い作業しかしないのであればi3でもいいそうですが、お仕事で使うならi5以上がストレスなく使えるようです。

量販店でいろいろ見ていると、メモリが大きいのに安いな、と思ったものはi3だったりRyzenだったりしました。
Ryzenは最近増えているようでintelより安価なのが魅力ですが、検索しているとOfficeソフトはintelの方が相性がいいかも…みたいな意見があったので、現時点では私の場合はintelを選びますね。

 

⑤ストレージ

 

メモリは机の広さでしたが、ストレージは「机の引き出しの大きさ」だそうです。
大きい方がたくさん保存できますね。

256GBや512GB、1TBなんかもあります。

ただ、こちらは外付けのSSDやHDDでまかなえるので、そこまで重視するポイントではないかもしれません。
私は子どもの写真や動画を保存するために1TBの外付けSSDを持っているのですが、手軽です。USBメモリのように挿すだけです。

 

⑥サイズ(ノートPCの場合)

 

持ち運びしないなら15型ぐらいのサイズがおすすめです。
それより小さい13型とか14型は持ち運び用、として販売されています。

15型とか15.6型だと、画面が大きいだけではなく、テンキー(電卓みたいな数字のボタン)やディスクドライブ(DVDとかを読み込める)がついていたりします。
ただしその分重いです。

13型とか14型の場合、画面が小さいので作業するファイルによっては効率が悪い部分もあるのですが、何より軽いです。

今お仕事や自宅でノートPCを使われている場合、そのサイズがどのぐらいの型なのか調べれば、このぐらいがいいのか、それより小さい/大きい方がいいのか、軽い方がいいのか、確認できます。

 

⑦その他

 

画面の大きさはもちろん後で変えられませんが、後付けできるものもあります。

上記に出てきた、ストレージ(SSDとか)、テンキー、ディスクドライブ、ほかにもポート(USBとかを挿すところ)やカメラも後付け可能です。
キーボードもBluetoothでつないで違うものを使うこともできます。

メモリは増設できる場合と、できない場合があります。詳しい方は増やせるPCを選んでおいて、小さめのメモリ(安価)を選んで、不足すれば増やすのもアリです。

 

Microsoft Officeソフトの有無もポイントです。
元から入っている場合はもちろんその分高価になりますが、あとで自分で別途購入して入れる必要はありません。
Office365というサブスクのサービスを使う手もあります。
使用頻度が低い場合は無料の互換性のあるソフト(Googleスプレッドシート他)を使う手もありますが、仕事のOfficeファイルを家庭のPCで加工したりする場合は入っている方がもちろんスムーズです。

 

 

ここまで整理していくと、

自分だと小さいサイズのノートPCだなー、メモリやCPUは価格次第かなー、みたいに、ある程度イメージが付きます。

じゃあそのスペックのPCをどうやって買うのか。そこが肝心ですよね。
私の購入した話は次回に続きます。

 

続きが気になる方はクリックしていただけると更新がんばれます!