私のこと

退職して雇用保険(失業保険)をもらいたいが、扶養に入る選択肢もある場合

 

こんにちは。
今回の記事は、会社を退職して雇用保険(失業保険)をもらいたいけれど、誰かの扶養に入る選択肢もある場合の手続きについて書いています。

あくまで2021年に手続き中の私の場合なので人によって異なる部分もあるかもしれませんが、どなたかの参考になればうれしいです。

 

私は知りませんでしたが、退職したあと失業中にもらえるお金を「失業保険」と認識していましたが、「雇用保険」が正式な名称のようです。

ちなみに社会保険ってなんだっけ?ぐらいの知識からスタートしています。

 

退職したので雇用保険をもらいたいが、次の仕事が決まるまでは夫の扶養に入りたい

もうこのままなのですが、退職直前になってもよく分かっていませんでした。

分からない部分は自分の元勤務先と夫の勤務先に相談しつつ、ハローワークのサイトを見てなんとなくつかんでいきました(が、まだちょっと分からない部分もあります)

 

※大前提として、雇用保険を受給できるのは「働く意思がある」人だけです。
単純に「結婚して仕事を辞めるから退職した、結婚後は働くつもりがない」人は受給できません。
そして雇用保険受給中は、日額3,612円以上受給する場合は扶養に入れません。

私は働き方を見直すために退職しましたが、雇用保険受給中もハローワークが開催している就職セミナーへ参加したり、興味のある求人(自宅近くかつ夕方早めに終わるのがベスト)に応募したりしています。

 

 

私の場合は以下の流れでした。

退職時

・元勤務先で、「雇用保険を受給するつもり」と伝えて必要書類をもらう。
(言わなくてもくれるかも)

・夫の会社で雇用保険の待機期間は扶養に入る旨を伝える。(退職日の翌日から扶養に入った)
※扶養に入ると年金と健康保険が第3号になるので、自分では払わなくてOKになる。
※夫の会社から保険証をもらえる。

・ハローワーク(1回目)に行き雇用保険受給の手続きをしたい旨を伝える。会社から受け取った書類を提出する。
次にハローワークに行く日(2回目。だいたい1ヶ月後)を指定される。

 

待機期間

1週間の待機期間の後、自己都合による退職の場合はさらに3ヶ月の待機期間(通常3ヶ月、コロナ禍だったので私は2ヶ月)待つ。

指定された日にハローワーク(2回目)に行くと、また次に行く日(3回目。2ヶ月後)を指定される。

 

待機期間終了

・3回目にハローワークに行くと、2回目と3回目の間の日に待機期間が終了していたことに気づく。(仮に待機期間終了日を1月1日とします)

・1月2日から雇用保険を受給できる(=扶養から外れないといけない)と分かる。
⇨夫の会社に伝えると、扶養から外れた旨の書類をもらえた。

・市役所の国民健康保険の窓口で、「扶養に入っていたが、雇用保険受給中なので国民健康保険に加入したい」と伝える。夫の会社からもらった書類のコピーを渡す。
※この時点で既に1月2日は過ぎていたけれど問題なさそうだった。

・市役所の年金の窓口で、「扶養に入っていたが、雇用保険受給中なので年金を自分で払いたい」と伝える。年金手帳のコピーと、ハローワークでもらった「雇用保険受給資格証」のコピーを取られる。

・後日国民健康保険と年金の払込用紙が郵送で届くのでコンビニ等で支払う。

・国民健康保険の保険証が届く。

 

雇用保険受給中

・ハローワークに行くと、次にハローワークに行く日を指定されるので、指定された通りに行く。3回目以降はたぶん4週間おき。

・就職活動やハローワークでの就業相談の実績などを報告して、実績が認められればその1週間後ぐらいに雇用保険が振り込まれる。
(雇用保険は「就業の意思があるが失業中」でないともらえないので、実績がなければその期間は振り込まれず、4週間繰り越される)

・緊急事態宣言中は一部郵送でのやり取り。

 

雇用保険受給期間終了後

・(現在受給中なのでまだ終了してはいませんが、)受給期間中に就職が決まらなければ夫の会社で扶養に入る旨を伝える。
※夫の会社から健康保険証をもらう。

 

現時点で分からないことやメモ

・国民健康保険と国民年金の払込用紙が1年分?届いた。再就職したり扶養に入ったら払わなくていいとは思うがどの用紙分まで払わないといけないのかよく分からない。
いつから就職するのかorいつから扶養に入るのか決まったら市役所へ問い合わせる予定。

・今年中に就職しない場合、確定申告しないといけない。初めてなので不安。
(最終出勤日は昨年末ですが退職日は今年です。退職金も今年受取。)

・国民年金の免除や減額の制度はないのか念のため市役所で聞いてみた。制度はあるが、世帯収入が一定以上だと認められないとのこと。
(失業保険の金額から考えると国民年金の金額がすごく高い気がしたので念のため確認)

・雇用保険受給までの待機期間(2ヶ月)夫の会社で扶養に入ったが、最初は短期間のために手続きしてもらうのが申し訳なくて、自分で払うつもりだった。
ただ夫の会社からよくあることだから大丈夫!と受け付けてもらえた。感謝。

・国民健康保険の金額にビビる。今までは会社と折半だったからすごく高く感じる。
入らない選択肢はないけど、病院そこまで行かないのでたぶん満額払った方が安い。

・住民税の払込用紙は市から郵送で届いた。1年分なのでなかなかの金額。(分割払いもできる様子)

 

今のところ以上です。

新卒で入社した会社にずーっといたので何も知らなくても生きてこれました。
会社員って恵まれてますね。

すぐもらえるわけではないとか、ハローワークにちょこちょこ行かないといけないとか、なんとなくの知識はあるものの、流れがさっっぱり分からなかったので結構不安なまま退職しました。

でも職場の社会保険担当の人も、ハローワークの方も市役所の方も、ものすごく質問されるんでしょうね。何を聞いても親切でした。ありがたい。

 

扶養に入ると健康保険と年金を払わなくていいのはすごいですよね。
昔ながらの制度だとは思いつつ、自分が恩恵を受けているとなんとも言えない気分です。

 

 

読んだよーでクリックいただけるととてもうれしいです。ありがとうございます!