こども

子どもの言葉づかい/見た目に関する言葉

 

こんにちは。
1年生の息子が小学校から持ち帰ってきた朝顔が咲いています。
虫が苦手で今まで植物を育てたりしていなかったのですが、何かしらの変化があるものを見ているのはおもしろいです。

虫がつきづらい植物とか土とかあるんでしょうか。

 

息子はめがねをかけています

3歳児検診?3歳半検診?で引っかかって年少の途中からかけています。

小学校では黒板の文字も問題なく見えているし、体育の授業の時は基本かけているそうですが、鉄棒やマット運動の時は外そうかなーと自分で対処できている様子です。

 

 

登校時や下校時には、途中まで送って行ったり迎えに行ったりしているのですが、少し前にこんなことがありました。

 

「あっめがねだー、おはよー」

 

息子の顔がちょっと曇りました。

通学路が同じ方向の子は仲良くしているようなのですが、その中の一人です。

 

その後も何回か聞いたので、息子本人に聞いてみました。

 

「めがね」と呼ばれるのはちょっと嫌

やっぱり嫌だったようです。

息子からの話や、私が出くわした時のことを踏まえても、いじめられているわけではなさそうです。
仲が良い子同士の「ノリ」のように見えます。

 

お友達には「めがねって言われれるのは嫌だ」とは伝えているようですが、やめてくれない、としょんぼりしながら教えてくれました。

 

また、先生には言わなくていい、とも言われました。
なので、どうしても嫌になったら、辛くなったら、お母さんや先生に言ってね、と見守ることにしました。

本音を言うと、うちの子が傷ついているけどどういうつもり!?と相手の子に詰め寄ってしまいそうでしたが我慢です。

 

 

少し経って、お友達から言われているのも聞かなくなったなと思い、息子に再度聞いてみました。

めがねと呼ばれることはほとんどなくなった、先生にはやっぱり言わなくていい、とのことでした。

 

親側の対応に悩む

今回、息子は嫌がっていました。
それに親が介入するべきかどうか悩んで一旦何もせず、結局そのまま落ち着きました。
結果オーライです。気まずくならずにすみました。

でも今後に向けてどう対応していけば良いのか、ちょっと悩んでいます。

 

 

保育園で1〜2歳の頃、ごくたまにではありますが、小さなケガをして帰ってくることがありました。
噛まれたとか、引っ掻かれたとか。

大体、おもちゃの取り合いになって…と先生から説明を受けていたように思いますが、
お友達とのトラブルでケガをしたと聞いた時、いつもまず頭に「息子は相手が嫌がる何かをしたのでは」と不安な気持ちが浮かんでいました。

 

相手から何か嫌なことをされたらその都度対応していくしかないのですが、
息子がお友達が嫌がることをしないように伝えていきたいなと、つくづく思います。

 

今回、見た目のことをとやかく言うのは気をつけようね、という話だけしておきました。

太っているとか、痩せているとか、大きいとか、小さいとか、
背が高いことをいいことと思って相手に言っても、本人は言われたくない可能性もあるよね、とか。

 

保育園でも教わっていたようで、すんなり受け止めていました。
(以前ちょっとふっくらしている子の事を説明しようとして、すごくすごく考えた顔で「お腹がふくれてる子」と説明してくれたことがあるので、色々と考えているんだろうなと感じたことがあります)

 

絵本に載っていないかなと見てみましたが、「見た目のことをとやかく言わない」についての記載はありませんでした。
「いやと感じたことは相手に伝える」の記載はありました。


 

たったこれだけのことですが、小学生は乳幼児のトラブルとはちょっと違うな、とヒヤリとしました。
これで怖がっていたら小学校高学年とか中学生はどうなるのでしょうか。
親は見守るだけ、と思えるにはまだまだ修行が足りません。

 

 

クリックありがとうございます^^