こども

小学1年生 Z会2か月目①

 

こんにちは。
梅雨ですよ。5月中旬なのに。
月曜日は荷物が多く、重いランドセルと手提げを持って傘をさすのは大変そうです。

 

息子の通信教育の歴史

保育園入学(約1歳半)まではこどもちゃれんじ

年少はZ会

年中と年長はポピーでした。

 

ポピーはシンプルで息子も私も気に入っていました。
月々1,100円のリーズナブルさと、親がつきっきりではなくてもできるぐらいのレベル感で、息子も自信がつくし私も負担にならないところがワーママ時代にはぴったりでした。

 

ただ小学生になるにあたり私が仕事を辞めたので、多少難しくても付き合える前提で選びなおしました。
息子を見ると算数はともかく、文章力、特に自分の考えの話し方に少し不安がありました。年長の男の子ってこんなものかな?と思いつつ、もう少し整理して話せないものかと。

体験教材を取り寄せて、文章を書くワークが多そうなZ会に決めました。
紙かタブレットは、まだ学校の教材に慣れていないうちは自宅でも紙でしょ、という私の考えで紙一択でした。

 

Z会小学生コース1年生

コースが複数あります。

金額は以下の通り。※いずれも最安の12か月一括払い

スタンダード 3,927円
ハイレベル 4,301円
スタンダード+みらい思考力ワーク 4,581円
ハイレベル+みらい思考力ワーク 4,955円

こうしてみるとポピーの安さってすごい。

 

選択したコース

息子は「ハイレベル」のみらい思考力ワーク無しのコースを受講しています。

「ハイレベル」がよく分からないまま申し込みましたが、付属のカレンダー(スタンダードとハイレベルの両面印刷)を見ると、ハイレベルはワークの量が多いようです。

①わくわくエブリスタディ(算数と国語)

スタンダード:それぞれ8回分
ハイレベル:それぞれ10回分

②ドリルZ(算数と国語)

スタンダード:それぞれ12回分
ハイレベル:それぞれ15回分

ハイレベルにしかない(と思われる)ページを見ると、極端に特徴的な問題が出ているわけではありませんでしたが、「問題をよく読まないと解けない」ように感じました。

息子はコースなんて気にせず他の問題の延長で解いているので、このままいきます。

 

「みらい思考力ワーク」は見本を見る限りですが、さくさく解くかんじではなく、しっかり考えて解くような問題のようです。
ただ、見本の図形問題を見ると、息子には本人がハマっているアプリ「シンクシンク」(月300円)で良さそう…と感じたので受講はやめました。
今のところ全体の量は息子にはちょうど良さそうですが、不足したらこれを足すかもしれないです。

そしてたった2か月の受講で、これはいい問題な気がする!!がいくつもあったので、次の記事で紹介します。



ランキングが上がるとやっぱりうれしいです。クリックありがとうございます。